筋肉、骨格、筋膜に続く第4の施術 【脳の整体】

ストレス解消科学的に証明された手技
”脳活性療法”
人体をコントロールする「脳」にアプローチ
イライラを一瞬で消し去る!
哺乳類すべてをターゲットにする
脳波を操る世界唯一の技術を
直接で学んでみませんか?

セロトニン活性療法の入門講座「脳活性療法」がついに開催されます。
いままでDVDでしか学べなかった脳活性療法セミナーが創始者 滝本裕之から直接学べるようになりました!

脳活性療法は【脳】にアプローチするまったく新しい手法です。

2018年に発売された手技脳活性療法DVDは販売枚数が1800件という手技DVDとしては驚異的な販売数を記録しました。

その後に開催された脳活性療法フォローアップセミナーでは東京、大阪で6日間で350人を超える参加者がありました。

ストレスは万病の原因

体調が悪くなる原因のひとつは疲労の蓄積やストレスの蓄積によるものです。

疲労とは体の疲労と脳の疲労、ストレスについても体のストレスと脳のストレスが原因です。

こういった疲労やストレスが蓄積し、自分の限界を超えてしまったことで自律神経が乱れ、免疫力が低下し病気にかかりやすい体になってしまいます。

自律神経は体を動かす中枢の神経でその働きは心臓や内臓、血液、筋肉、その他にも調整機能、免疫機能、治癒能力など、さまざまな器官を動かしています。

自律神経が乱れるとこれらの働きが崩れることになります。

その仕組は交感神経(緊張、)と副交感神経(リラックス)の神経の働きのバランスが乱れることが原因です

そもそもストレスとは?

○構造的ストレス
体が歪んでいる、姿勢が悪い、特にデスクワークでパソコンを覗いていたり、スマホを覗いていたりする姿勢などで背中から首にかけて猫背のように曲がっていたりすると、血流を悪くし痛みやシビレなどの原因になります。
脳は、痛みやしびれもストレスと認識して自律神経を乱してしまいます。

○精神的ストレス
・他人との摩擦
・職場の人間関係や仕事が上手くいかない
・家族や親戚との不仲
・子育ての悩み
・友人や近所とのトラブル
・一生懸命やったのに認めてもらえない、分かってもらえない
こういった心の問題がストレスとして脳に伝わると自律神経が緊張し乱れてしまいます。

○生活習慣・環境的ストレス
・日中に活動しない不規則な生活
・蓄積した疲労
・運動不足
・温度、湿度の差など

○科学的ストレス
食生活や栄養、排気ガス、薬なども原因になります。
特にカフェインや糖分は自律神経には悪影響を及ぼす栄養分です。

○科学的ストレス
食生活や栄養、排気ガス、薬なども原因になります。
特にカフェインや糖分は自律神経には悪影響を及ぼす栄養分です。

主にこの4つが原因でストレスが生まれます。

ストレスが原因となり、脳内のノルアドレナリン・ドーパミンが過剰に分泌されてしまい、
これが原因で過度な食欲などの欲求、不安や緊張が体におこり様々な問題を起こします。

脳内ホルモンの働き

ドーパミンの働き
快感と意欲をもらたします。
分泌される主なストレス原因:ドーパミンは快を得られない(満足できない)事によるストレス時に分泌されます。
●仕事で良い成績を残したい
●テストで良い点を取りたい
●資格を取りたい
●美味しいものを食べたい
●美しくなりたい、やせたい
●異性と交際したいなどの強い欲望によるストレスを生みます。
ノルアドレナリンの働き
危機を管理し、集中力をつかさどります。
分泌される主なストレス原因:ノルアドレナリンは、外部刺激によるストレス時に分泌されます。
●暑い寒いなどの気候による刺激
●身体的な苦しみ、痛みやかゆみ全身の倦怠感
●テスト、試験などの緊張する場面
●他人との摩擦
●職場の人間関係や仕事が上手くいかない
●家族や親戚との不仲
●子育ての悩み
●友人や近所とのトラブルなど外部刺激によるストレス
脳の働き
自律神経を整えたり、ドーパミンとノルアドレナリンのバランスを整えます。
分泌される主なストレス原因:
●日中に活動しない不規則な生活
●疲労
●運動不足
●電磁波を浴びすぎる
●家族や恋人のために料理を作ったのに、味付けに不満を言われた
●取引先や上司のために休日返上で働いたが、評価されなかった
●誕生日や記念日に送ったプレゼントを、気に入らないと突き返されたなど
セロトニンの働き
自律神経を整えたり、ドーパミンとノルアドレナリンのバランスを整えます。
分泌される主なストレス原因:セロトニンは他人に認めてもらえない事によるストレス時に分泌されます。
●日中に活動しない不規則な生活
●疲労
●運動不足
●電磁波を浴びすぎる
●家族や恋人のために料理を作ったのに、味付けに不満を言われた
●取引先や上司のために休日返上で働いたが、評価されなかった
●誕生日や記念日に送ったプレゼントを、気に入らないと突き返されたなど

つまり自律神経が乱れる原因はセロトニン不足

脳波α2により脳内のバランスを調整し、自律神経を整えることができます。

脳が乱れ脳内ホルモンのバランスを崩してしまった結果、自律神経をコントロールできなくなってしまったことが万病の根本的な原因のひとつです。

逆に言うと脳が整っていれば

疲労やストレスが生まれても打ち消すことができるのです。

この脳のバランスを脳活性療法では確実に整えることができるのです。

医学誌に論文発表しております。

実施期間:2018年10月29日~11月1日 被験者数:24名 試験機関:TFCラボ

”世界でも科学的に証明された数少ない脳を活性化する手技です”

セロトニン研究の世界的な権威東邦大学名誉教授 脳生理学者 有田秀穂教授を師事し共同発表を行うなど精力的に活躍する滝本裕之がその治療家人生をかけ作った唯一無二の手技です。

脳波の整体といってしまうと疑いをもたれるでしょう。
しかし、これには根拠があります。実はセロトニン活性療法協会以外に
エビデンスを持つ団体はおそらくありません。

エビデンス(科学的根拠)を取るには膨大な時間と予算がかかります。

臨床試験を行える機関も限られます。
実際大学などの研究機関や医薬品メーカなどを除けば実行は困難です。

この臨床試験を行い良い結果が得られれば論文にまとめ医療誌に発表できます。
こうしてようやくエビデンスとして公表できるようになります。

今のところ、こうした手技を通じて脳波α2を発現できたという発表は世界で見ても数少ないと思います。

以上から我々セロトニン活性療法協会は世界でも数少ない脳波をコントロールさせる
手技を持つ団体と名乗っています。

活性療法 の特徴

施術時間が短い
慣れれば3分で施術が完了。
短いだけでなく、手技の順や人体への影響を研究し作られているため確実に効果も上げられます。
簡単・力いらず
脳活性療法に力がいる工程はありません。そのため女性や子供でも確実に再現ができます。
高齢で今の手技ではご負担に感じられる方にもお勧めしたい手技です
高い再現性
ゴッドハンドを科学的に作ることを目標に
手技を徹底的に簡易化しました。
患部への圧の強さや回数・時間を数値化し
万人が取得可能な技術になっています。
子どもでも可能な手技を志しました。
実際、80歳の女性が身に着け大きな施術効果を上げています。
科学的に立証済み

脳活性療法は世界でも科学的に証明された脳を活性化する手技です。

セロトニン研究の世界的な権威
東邦大学名誉教授 脳生理学者 有田秀穂教授を師事し共同発表を行うなど精力的に活躍する滝本裕之がその治療家人生をかけ作った唯一無二の手技です。

科学的に立証済み

セロトニン活性療法は世界で唯一科学的に証明されたセロトニンを活性化する手技です。

セロトニン研究の世界的な権威
東邦大学名誉教授 脳生理学者 有田秀穂教授を師事し共同発表を行うなど精力的に活躍する滝本裕之がその治療家人生をかけ作った唯一無二の手技です。

実は不眠症にも効果大!

ストレスが原因の不眠の場合も脳が重要です。

不眠の原因として「メラトニン」不足が考えられます。

脳内ホルモン「メラトニン」には睡眠・覚醒リズムを調整する作用がありますが、このメラトニン、実はセロトニンが原料となり体内で作られます。

ストレスを抱える人はセロトニン不足が多く、結果的にメラトニンが十分に作成されず不眠の症状を訴える人も多くなるわけです。

ここでも脳活性療法が効果的です。

脳活性療法を受けた方からは、その晩はぐっすり眠れたというお声をたくさんいただいています

脳活性療法のできること

  • 痛みの抑制(鎮痛効果)
  • 筋肉の等尺性(パワー)
  • 姿勢(ゆがみ)改善
  • 感情のコントロール(安定)
  • 集中力(記憶力)の向上
  • 自律神経のバランス (内蔵機能の向上)
  • 筋肉の等尺性(パワー)
本当に脳活性療法は科学的に正しいの?
脳活性療法やセロトニンと聞くと聞きなれない言葉ですし
その効果を疑わしく思われるかたも多いかもしれません。しかしこの手技は科学的に正しいと断言できます。
セロトニンは精神の安定、痛みの抑制、抗重力筋への影響が
科学的に実証されています。まだ発見されて間もないセロトニンの研究は
大学・医薬品メーカーなどが中心となり行われています。
ここで言う “幸せホルモン”セロトニンのできること、は
有田秀穂先生をはじめとする世界中の研究者が研究した成果です。そして”脳活性療法”を行うことにより
脳内セロトニンの出力量が増えることは臨床試験を行い
エビデンスを取得しています。つまり我々は脳活性療法がセロトニンを
増幅させることを証明したことによって
結果的にセロトニンが生み出す効果も併せて証明したことになります。
活性療法をマスターすると
こんな未来が待っています!
・脳はもちろん、筋肉・骨格・神経・内臓・経絡・リンパ・
脳脊髄 液・自律神経…全てを改善しながら脳波を
自在にコント ロールできるようになるので
この手技1つで多くの患者さんへ 対応できるようになります。
・「4つのストレスの原因」を
マスターする ことで患者さんの脳がストレスに侵されない環境をアドバイス できるようになる。
・依存症や脳の機能障害なども改善できる治療家になれるので
症状を取るだけでなく、患者さんの人生までも救えるようになることができます。

特に効果を発揮できる難治症

発達障害、不妊症、顎関節症、 アルツハイマー、アスペルガー症候群、自律神経失調症、めまい、認知症、
パーキンソン症候群、線維筋痛症、 リュウマチ、バセドウ病、橋本病、更年期、 自閉症、注意欠陥障害

プロフィール

代表 滝本裕之
1966年、茨城県守谷生まれ。
プロテニス選手として活躍。
最新のスポーツ理論を生かした頭脳派のスタイルで優秀な成績を残すも業界の古いしがらみやプレッシャーから体調を崩し重度のうつを患った。
うつ病から抜け出すきっかけとなったのが”セロトニン”である。このセロトニンを研究し、万人に通用する手技を作り、その効果は研究機関で認められた。
現在、世界中でセロトニンを活性化させる手技は世界唯一である。
現在は”セロトニン活性療法”を世界に広めるべく奔走している。
自身が代表を務める「一般社団法人 セロトニン活性療法協会」は一年で会員数を4倍に増やす急成長を遂げた。
治療だけではなく、教育、スポーツの分野にも活かせるセロトニン活性療法を世界中に広げるべくセミナーや講演活動を展開。

施術説明

 

脳活性療法セミナー

4時間(質疑応答含む)

●理論

脳活性療法とはなにか?

なぜ効果が出るのかということを学んでいただき患者様に説明できる知識をつけていただきます。

 

●実技

脳波α2を発生させる9部位へのアプローチ
あらゆる患者に対応できる検査法 実践的な内容を分かりやすく説明します。

 

 


セミナー日程


【茨城会場】
2020年 5月14日(木) 11時~15時(30分延長の可能性あり)
新型コロナの影響のため、中止いたします。
新たに日程が決定した場合はこちらへお知らせいたします。
会場:茨城県守谷市 ひろカイロ整体院
(秋葉原からつくばエクスプレスで32~40分)

価格について

30,000円(税別)で行われたセミナーを19,800円(税別)で受講できます!

この価格を高いと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが
脳活性療法DVDが40,000円の価格とすると
われわれとしては破格値です。

というのもセロトニン自体がこれから
ますます重要になっていくセンテンスと考えています。

うつ病をはじめとする多くのメンタルヘルスへの
処方薬としてセロトニンをコントロールする薬品が多く
使われております。
しかしこの薬はあくまで一時的な対処であり
症状を改善するような内容ではありません。

しかしセロトニン活性療法は違います。
自分の体でセロトニンをコントロールできるよう
アプローチができる手段です。

日本だけでなく世界中で
仕事や人間関係のストレスで心のバランスを崩しがちな
傾向はますます増えていくでしょう。

そういった問題に対応できる手段として
セロトニン活性療法を
より多くの人に認知し活用いただきたいと思い
この価格とさせていただきました。