セロトニン活性療法でうつ症状、自律神経症状に悩む人を救う!

セロトニン活性療法の施術は、体内のセロトニン増加量のエビデンス試験を第三者機関で実施し、その結果を学会誌に掲載しています。

試験機関:TFCラボ 被験者数:施術あり12人、施術なし12人(30~50代男女)

セロトニン活性療法の施術した人のPOMS(短縮版)を実施した結果は、疲労感・緊張感・活気の変化を、

施術後に疲労感が取れたと感じた人は100%

施術後に緊張感がなくなったと感じた人は100%

施術後に活気が出たと感じた人は75%