滝本先生は“手技によるセロトニン活性“という分野を作った第一人者であり、治療業界唯一の先生です

健療院グループ総院長
日本自律神経研究会 代表 鈴木 直人さん

『セロトニン活性療法』を考案した滝本先生と私は付き合いも長く、私の自律神経のセミナーも初期のころから参加されている勉強家の先生。
うつ症状や自律神経症状についても詳しい方です。
滝本先生はセロトニン研究で世界第一人者である有田先生に直々に学び、手技によるセロトニン活性という分野を作り上げた治療家。

手技により効果的にセロトニンを活性させることにより、自律神経失調症・うつ・パニックなどストレスが原因で起きている症状を改善させていくという方法は、私の知る限り治療業界でただ一人です。
私も教えていただきましたが、『セロトニン活性療法』は知識と技術、そして現場で築き上げた経験の3つが科学的データにより結びついており、 分かりやすく、とてもシンプルな施術療法になっております。
そのため、臨床経験の少ない先生でも習得でき、「この施術療法を学んで良かった」と思えることを推薦します。

セロトニン活性療法の施術効果の高さは院の大きな武器

からだ支援株式会社
代表 冨田 公央先生

滝本先生とは自律神経研究会でご縁を頂きました。
実際にセロトニン活性療法を学んでみて、施術の効果の高さは院の大きな武器になっているので良かったです!

講座も一つ一つ丁寧に指導してくださり、どんな質問にも出し惜しみなく答えてくださるので、とても充実した学びの時間になっています。セロトニンと脳のシステムについて腑に落ちるレベルまで解説してもらえて、それがそのまま患者さんへの説明にも役立っています。

セロトニン活性療法を使って、起立性調節障害のお子さんが学校に行けるようになったり、睡眠の不規則な自閉症のお子さんが眠れるようになってきました。また施術中に激しかったチックが著しく少なくなったりしてセロトニンの効果の高さに驚いています。
何より大きいのは自閉症などコミュニケーションが難しい患者さんの場合、これまでの施術だと効果があるのかないのか確認が難しかったのですが、この手法だと効果を体感するのに時間がかからないので、まず保護者の方に施術を受けてもらうことで、確かな効果を実感してもらえるため、あれこれ説明しなくても信頼に繋がり、とても助かっています。
自閉症のお子さんや妊婦さんなど刺激が難しい患者さんにも安心して提供できるので、これまでお断りされがちだった患者さんに対しても幅広い可能性があると思います!

 

新しいアプローチで新たな市場の獲得を期待できます!

オプティマルヘルスセンター
代表 金子 文東先生

セロトニン活性療法・脳活性療法を取り入れる前は、カイロプラクティック主体の関節調整がメインでした。
ですが、カイロ系の治療院はたくさんあり、その中で生きていくためにはどこにターゲットを絞るべきか模索していたところでした。これらの技術に出会ったことで、今後ますます増えるであろう日本の問題点に関し、脳やセロトニンという新しいアプローチ法で、新たな市場を獲得できるのではないかと感じました。

脳活性療法は、施術の最初に取り入れることで、筋肉が弛緩しやすくその後の調整が楽にできます。セロトニン活性療法はさらに施術後にスッキリ感が出て、目がパッチリする効果も出ています。

また、セロトニン活性療法を受けた患者さんからは、よく眠れたり、朝からスッキリしたりするとの声を頂きます。運動器だけでは改善できなかった患者さんからも、もっと早く受けたかったという声も頂いております。

セロトニン活性療法は、手技により脳波をコントロールしセロトニンを分泌させることで、心と体を調律することができる、他にはない整体法です。脳は、今後最も重要視される部位なので、いち早く取り入れて差別化することをオススメします。

 

患者さん自身に施術前と施術後での変化をハッキリ感じてもらえます

整体院 吉香 -kikka-
田邉 寿夫先生

当院でセロトニン活性療法を施術すると患者さんの緊張が和らいでいくのがハッキリ分かります。

脳活性の後、表面の筋硬結を緩めていくと簡単にほぐれていき可動域も格段に上がります。
整体前と整体後で動きや筋力バランスの確認をしますが、整体後100%軽く動く様になり、筋力バランスも整ってしまいます。

セロトニン活性療法を受けた患者さんからは『目も大きく開いて頭がスッキリした』『家族に顔色が良くなったと言われる』『目の下のクマやほうれい線が消えている』など美顔効果の声も頂いております。

これまでは、主に筋膜リリース整体と経絡の反射点療法をしていました。

セロトニン活性療法・脳活性療法を取り入れて、現代病で辛い症状の鬱状態や不安感など自律神経の不調に対しても“改善出来る!”と自信を持って施術することができる様になれました。
また、患者さん自身が施術前と施術後で変化をハッキリ感じてくれ、その原因と理由を分かりやすく説明出来る様になりました。

一番のメリットは、患者さんの不調に対してどの脳波が過剰になっているのかを、患者さんが安心して納得できる説明が出来るようになれたこと、その不調を治療するために科学的な検証を繰り返して組み上げられた整体法であるという説明も出来ることです。

脳波のバランスを調整する整体法で、ここまで分かりやすく、伝えやすいものは私の知る限り他ではありません。

じっくり患者さんの辛さと向き合い、粘り強く施術していきながら、経過を追って説明出来る先生に、是非オススメしたいです。

 

うつ症状やパニック症状、睡眠障害に対処できるようになり治療の幅が広がりました

くつろぎルーム 歩み
田中 裕治先生

鬱、パニック障害をもつ患者さんの顔色が良くなり、表情が明るくなり、患者さんからは『何年ぶりかにヤル気が出た!』と言われました。

セロトニン活性療法はすごくソフトな刺激なので導入しやすいし、特に脳活性療法は時間がかからないので他の手技と干渉することがありません。

この療法に出会う前は時間制のマッサージをしていましたが、取り入れてからは時間ではなく、内容で治療コースを設定できるようになりました。
また、施術時間の短縮から体の疲労が軽減しました。

さらに、それまで対応できなかった鬱症状、パニック症状、睡眠障害に対処できるようになり治療の幅が広がりました。

この施術はソフトな刺激なので、患者さんの体を痛めたり負担をかけることが少なくて済むのがとても気に入っています。
鬱症状、パニック症状などで悩む患者さんを本気で良くしていきたいと思っている先生にはこの手技はオススメですので、是非取り入れてみてください。
歪みや痛みなどの身体的な症状だけでなく、鬱やパニック症状などの精神的な症状にまで対応できるようになるので、施術の幅がグンッと広がりますよ。